アメリカの良いところ

日本人にとっては東海岸にある首都ワシントンD.C.と混同しやすいワシントン州は、D.C.とは正反対の短い間のカナダ国境沿いである最北部にあるのですが
夏は涼しくて冬は大体温暖だという(たまに激寒あり)とても過ごしやすい場所です。
特に中心都市のシアトルはIT関連の先鋭企業マイクロソフトの本社から、コーヒー喫茶のチェーン店の発祥地まで商業の中心地として成長を続けています。
アメリカのリーズナブルな家庭食のお店に加えて、最近ではフード・トラック(屋台を大きくしたような移動式キッチン)で少し本格的な料理は安価に食べる事もでき、日本人が大好きな多彩な寿司店、ラーメン店も軒を並べています。
またワシントン州では医療用大麻だけでなく、嗜好品としての大麻の所持吸引が許可されていて諸外国からのマリファナ体験ツアーなども開催されているようです。
(但し、外国での大麻吸引が日本国刑法で免罪かどうかは議論があるので個人的には絶対に吸わないほうがいいと思います)
このように都市生活が非常に豊かなワシントン州ですが
車で数時間の場所に日本の富士山よりも1000mも高いマウント・レーニア国立公園のような日本ではちょっと見られないような広大な花の連鎖と雪化粧が素晴らしい場所があったり
マウント・セント・へレンズを筆頭とする恐ろしくも美しい火山群(実はワシントン州付近はアメリカ一の火山の密集地です)などが点在しており
世界最高度のIT技術と食文化と大自然がミックスされて、ワシントン州というのはまさにアメリカの要素を全てギュッと縮めたような州です。

2016年10月01日